2004年07月28日

『春の日は過ぎゆく』

春の日は過ぎゆく

監督:ホ・ジノ
出演:ユ・ジテ、イ・ヨンエ、ぺク・チョンハク、パク・イヌァン、ぺク・ソンヒ


私の大好きなユ・ジテの主演作で、共演もこれまた私の好きなイ・ヨンエ。

近くのシネコンでは上映される訳もなく、札幌のミニ・シアターまで観に行ったなぁ・・・

この映画でなにより印象に残っているのが、主人公の、痴呆症でボケてしまってるお祖母さんが言った「去ってしまった女とバスは追いかけちゃいけない」という台詞。なかなかの名言だよねぇ。「ボケてる祖母ちゃんが、こんな事言うか?」と言う人もいたみたいだけど。

続きを読む
posted by こた at 18:10 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ユ・ジテ

2004年07月17日

『エクソシスト・コップ』

ラルフ・サーキ著


タイトルはB級映画みたいだけど、ヘタなホラー映画を観るんだったら、この本を読んだ方が面白い!著者のラルフ・サーキはN.Yで夜勤専門の警官として勤める傍ら、非番の時は「悪魔祓い」の儀式などの助手をしているのだそうで。

その彼が今まで関わった「悪魔憑き」事件の詳細から、それを解決するまでが書かれていて、正直なところ、「本当か、これ??」みたいな話もあるのだけど、一応ノンフィクション。「映画のネタにでもなりそうな話ばかりだなぁ」と思っていたら、一時は本当に映画化の話もあったみたい。その後は全く映画化されたと言う話は聞かないので、たぶん立ち消えになったのだろうけれど。
続きを読む
posted by こた at 00:34 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | book>ノンフィクション

2004年07月16日

『ゴッドファーザー』

監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:マーロン・ブランド、アル・パチーノ、ジェームズ・カーン
   ロバート・デュヴァル、ジョン・カザール
   ダイアン・キートン、タリア・シャイア


先日、この映画でドン・コルレオーネことビト・コルレオーネ(本名はビト・アンドリーニだけど)を演じていたマーロン・ブランドが亡くなってしまいましたね。彼の映画を観たのは、この『ゴッドファーザー』が初めてだった私。その後、『波止場』や『地獄の黙示録』も観たけど、やっぱり最初に観たこの映画の印象が強かったせいか、私の頭の中ではマーロン・ブランド=ドン・コルレオーネ、になってしまう。

実はこの映画を観るまでは、マフィアが出てくる映画ってあまり好きじゃなかった。今でもこの映画以外の「マフィア物」はめったに観ないけど。

最初は兄弟の中で、唯一マフィアの世界とは関わりのない人物だったマイケル(アル・パチーノ、若いっ!)が、父であるビトが狙撃されたのをきっかけに、最後には父の後を継いで「ドン」と呼ばれる様になる、それまでの過程が、ただのドンパチ物とは違って、見応えがあった。重厚な人間ドラマだなぁ、と。

続きを読む
posted by こた at 16:27 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:あ〜こ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。