2004年12月31日

『いま、会いにゆきます』

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

監督:土井 裕康
出演:竹内結子、中村獅童、武井証、中村嘉葎雄、市川実日子、YOU、松尾スズキ
   小日向文世

話題作だからって訳でもないけれど、久しぶりに映画館の大きなスクリーンで観たいと思った邦画でした。

今年は、秋に『デビルマン』などと言う駄作中の駄作を観てしまい、生まれて初めて「こんな映画作りやがって〜!金返せ〜!」となってしまったトラウマが・・・。
ま、これに関しては事前に情報収集をしなかった私にも責任があるんだけどね・・・。
ありとあらゆる媒体で、あそこまで酷評されてる映画を観に行ってしまったのだから。あの時は自分の馬鹿さ加減を呪いたくなったものでした。

でも、この『いま、会いにゆきます』は観に行って良かったと思います。
現実にはありえない話だけれど、本当にあんな事があったら素敵だなぁ・・なんて思ってしまったし、何よりも見終わった後に残る爽やかが良かったです。

ラスト近く、この映画の主人公の澪(竹内結子)が残した日記で「いま、会いにゆきます」の一言が誰にあてて書かれ、何故そう書いたのか明らかになるシーン。
普通ならただ切なくなるだけで終わりそうだけれど、私は切なくなると同時に妙な清々しさを感じてしまいました。たぶんこの映画の登場人物の中で一番辛かったのは、自分の運命を知りながらも巧(中村獅童)と一緒に生きていく事を選んだ澪なのだろうに、その澪が毅然とした態度で自分の運命を受け入れている辺りが、そう感じさせたのかもしれないと思いました。

続きを読む
posted by こた at 23:44 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>邦画:あ〜こ

『映画好きへの100の質問』

年末の準備も済んでホッとしたのも束の間、母から頼まれていた分の年賀状の作成を、すっかり忘れておりました・・・
慌てて年賀状を作っていたら、こんな時間になってました・・・トホホ

ついでに、先日挑戦してみた『映画好きへの100の質問』もアップしておきます。

この質問集、当初自分が考えていたよりも、答えるのが大変でした→回答はコチラ。
       

2004年12月26日

『 4人の食卓 』

4人の食卓

監督:イ・スヨン
出演:チョン・ジヒョン、パク・シニャン、ユソン、キム・ヨジン、チョン・ウク

公開当初のキャッチ・コピーで「心理迷宮ホラー」と謳っていたけれど、実際に観ての感想は「ホラーなのかな、これは?」と言う感じでした。
幽霊も出てはくるし、特殊な能力を持った人が出てきたりはするけれど、ホラー映画として宣伝するのはちょっと疑問に感じたりしましたし。。

自分で記憶を消し去ってしまう程の悲しい過去を持つ男性と、特殊な能力を持っていたが為に不幸になっていく女性。その二人が偶然にも出会ってしまったが故に起こった悲劇。
こうして見てみると、この映画はホラーというジャンルとはちょっと違うと思うのですが。

私はこの映画の主役であるチョン・ジヒョンというと、『猟奇的な彼女』や『僕の彼女を紹介します』の元気いっぱいなイメージが強かったのですが、この映画での彼女はそれらの映画とは全く違う役柄を一生懸命演じていたとは思います。

でも、二度三度をこの映画を見たいかと聞かれたら、まず間違いなく「いいえ。」と答えるだろうと思います。
具体的にどこが嫌いとかは言えないのですが、この映画はあまり好きなタイプの映画ではありませんでした。
posted by こた at 02:18 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>韓国映画

2004年12月21日

『パトリオット・ゲーム』

パトリオット・ゲーム アドバンスト・コレクターズ・エディション

監督:フィリップ・ノイス
出演:ハリソン・フォード、アン・アーチャー、ショーン・ビーン、パトリック・バージン
   サミュエル・L・ジャクソン

まず最初にお断りしておきます。この『パトリオット・ゲーム』を観たのは、ハリソン演じるジャック・ライアンに「復讐の炎を燃やすIRAのテロリスト役」をやっているショーン・ビーンが観たい一心でありました。だからストーリーに多少難があったとしても、ショーン・ビーンを観る事が出来ればいいのです、私の場合。

ただ、あまりダメダメな作品だと、例えショーンが出ていても二度と観ないかもしれないですね―あっ、でも『RONIN』は二回以上観ちゃったかも。ショーンのダメっぷりが痛々しい作品だった上に、ストーリーもイタかったのに・・・

さて、本題に戻るとします。私、映画のトム・クランシーの書いた原作は一度も読んだ事がないけれど、映画での「ジャック・ライアン」シリーズは割とよく見ています。
でも、この作品を観ていて疑問が一つ。それはショーン・ビーン(以下、豆さん)演じる冷酷なテロリストが、いくら実の弟を殺されたからと言っても、あそこまで「私怨」だけで行動するだろうか?と言う事。IRAに詳しい訳じゃないけれど、ちょっと疑問に思ったもので。

しかも、このショーン・ミラーというテロリストはパトリック・バージン演じる兄貴分も殺してしまったりと、あまりにも暴走しすぎ。
あれじゃ、「テロリスト」としては使い物にならんでしょうに。

続きを読む
posted by こた at 21:14 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

『友引忌』

友引忌

監督:アン・ビョンギ
出演:ハ・ジウォン、ユ・ジテ、キム・ギュリ、チェ・ジュンユン、ユ・ジュンサン
   チョン・ジュン、チョ・へヨン

一足先に日本で公開された『ボイス』のアン・ビョンギ監督の作品。ただし、製作順で言えば、こちらの『友引忌』の方が先になります。
私は『ボイス』もあまり怖いとは思わなかったけれど、この『友引忌』も怖くなかった・・・深夜に一人でこのDVDを観れちゃいましたもの(´_`;)
でも出演陣は、韓国の若手スターが総出演って触れ込みでした。最近の韓流ブームあたりから韓国映画を観始めた人には、あまり馴染みのない俳優さんばかりでしょうが。

ストーリー的には、可もなく不可もなくってトコでしょうか。過度に期待して観ると、「ハァ?」ってなるかもしれません。
観る前は「怖そうだなぁ〜!」と期待していた私ですが、いざ観てみると怖くなかったです。予告編に騙されました。「予告編」では感じられた「オドロオドロしさ」が全くなかったです、全編を通して観ると。
メインの登場人物の役柄にも、イマイチ魅力がないし。どいつもこいつも自分勝手なので、殺されても同情の余地なしって感じ。個人的にはハ・ジウォン演じる主人公のギョンア(=ウンジュ)が可哀想だとは思ったけれど、他の連中は自業自得ってことでいいのじゃないかと。ギョンアが化けて出たくなるのが分かるってもんです。

続きを読む
posted by こた at 02:14 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ユ・ジテ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。