2005年02月19日

『チャタレイ夫人の恋人』

チャタレイ夫人の恋人 劇場公開版

監督:ケン・ラッセル
出演:ジョエリー・リチャードソン、ショーン・ビーン、ジェームズ・ウェルビー

 * ショーン・ビーン出演作につき、映画の内容はそっちのけの感想になっている恐れがあります( ̄ー ̄)

『ロード・オブ・ザ・リング』からショーン好きになった人の大半は、たぶん過去の出演作を必死に探して見ているんでしょうね。
かく言う私も、その中の一人であります。
しかし、レンタルで彼の作品を探してみても、置いてある作品の大半は”出番が少ない or ボコられるか殺される(もしくはその両方)”な物ばかりで、彼の作品でハッピー・エンドとなる作品があるって言うのは、まず想像もつきませんでした。

と言う訳で、この『チャタレイ夫人の恋人』もハッピー・エンドで終わるとは想像もなかったです。
「どうせ、チャタレイ夫人に捨てられるんでしょうよ・・」なんて思いながら見てたんだけど、完璧なまでにハッピー・エンドで終わる作品とは驚きでしたね〜。

この作品の彼は「わぁ、若いっ!」と言うのが第一印象で、『LOTR』のボロミアの様なガッチリ体型ではない、ちょっと細身のショーンもイイ!と思いつつ、おまけに、今までの作品では観たことのないショーンの姿ばかりを見てしまい、ほとんど悶絶寸前になりました。
特に、森の中を全裸で駆け回る姿と頭に花を載せてる彼の姿を見た時にゃ、失神するんじゃないかと思ってしまったくらいです。
いつのもの悪人顔はどこへやら、少年のようなショーン。あれを見て興奮しないショーン好きはまず居ないだろうと思ってしまうくらい、笑顔が良かったです。

こんな事ばかり言っていると、ショーンに興味のない人には”アホな奴”と思われてしまいそうですね(;x_x)
それにしても、ショーンは森番姿が本当によく似合っていて、またまた惚れ直しちゃいました♪

続きを読む
posted by こた at 23:04 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

『きみに読む物語』

きみに読む物語 スタンダード・エディション

監督:ニック・カサヴェテス
出演:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー
   ジーナ・ローランズジェームズ・マーズデン、サム・シェパード、ジョアン・アレン

普段ならあまり観ないジャンルの映画なんだけど・・
「見に行って良かった!」と、心から思える作品だと思います。
近年は「純愛ブーム」なんて言われて、この作品もその流れにそった宣伝の仕方をされているけど、この作品は「老人性痴呆」の様な重いテーマも逃げることなく正面から描いているところが良いし、だからこそ「究極の恋愛映画」になってるのじゃないかと。

人を好きになるって良い事ばかりじゃなくて、辛かったり苦しかったり、イヤな事だって沢山あるんだよね。
この映画の主人公のノアとアリーはその全てを乗り越えてきたから、最期も二人にとって一番幸せな死を迎えることが出来たのだと思います。

それから、この作品はキャスティングが成功していると思いました。
特にノアを演じたライアン・ゴズリング。一途にアリーを思う気持ちが、ヒシヒシと伝わってきました。
彼の演じたノアを嫌いな女性って、あまり居ないのじゃないかなぁ。

続きを読む
posted by こた at 01:22 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:あ〜こ

2005年02月14日

『ボーン・スプレマシー』

ボーン・スプレマシー

監督:ポール・グリーングラス
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョアン・アレン、ブライアン・コックス

この作品は試写会で観ていたので、実際に観たのは一ヶ月近く前なのよねあせあせ(飛び散る汗)
新年早々に”試写状”が送られてきて、この作品の前作になる『ボーン・アイデンティティー』を観ていなかった私は、慌ててDVDを借りに行きました。

で、DVDを観てある程度はこの作品の予備知識みたいなものをつけてから、試写会を観に行ったわけです。

鑑賞後は「前作を観ておいて良かった〜!」と、真っ先に思いましたよ。
なんせ冒頭から思いっきり前作の続きみたいな感じで始るし、作品の主要キャラにも”引き続き登場しました”みたいな人が多かったし。(もちろん新たに登場する人もいますが)
映画自体もアクション重視ではなくて、主人公の心理などもキチンと描かれているので、「アクション一辺倒な映画」が苦手な私でも十分楽しめました。

続きを読む
posted by こた at 10:43 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | movie>洋画:な〜ほ

『殺人の追憶』

殺人の追憶

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・レハ、ソン・ジェホ、ピョン・ヒボン
   パク・ノシク、パク・ヘイル、チョン・ミソン

韓国の小さな村で実際に起こった、連続婦女暴行殺人事件を元に映画化した作品。
ずっと観たいとは思いつつも映画館で観る機会を逃してしまい、結局DVDをレンタルして来て観ることとなりました。

前評判の高かった作品なだけに、半分「期待外れじゃなきゃいいけど・・」と思いましたが、そんな心配は無駄でした。
ストーリーの都合上暗いシーンが多いけれどそれほど気にはならないし、私としては非常に見応えのある作品だと感じました。
特にラストシーンには、事件に関わった人達の感情が全て凝縮されてるって感じです。

続きを読む
posted by こた at 09:35 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>韓国映画

2005年02月13日

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』SEE

ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 スペシャル・エクステンデッド・エディション

監督:ピーター・ジャクソン
出演:イライジャ・ウッド、イアン・マッケラン、ヴィゴ・モーテンセン、リブ・タイラー
   ヒューゴ・ウィービング、オーランド・ブルーム、ジョン・リス・デイヴィス

『王の帰還』劇場公開版+未公開シーン50分と言うことで、4時間以上あるにも関わらず、全く長さを感じさせないあたり、「さすがはロード・オブ・ザ・リング!」ですね〜。

劇場公開版では、サルマンやグリマは一切登場しなかったけれど、このSEEではしっかり登場してます。ちょっと以外な展開にはなりましたけど。

それから、劇場公開時にアラゴルンの戴冠式のシーンでファラミアとエオウィンが仲良くならんでるのを見て「何故??」とか思ったけど、このSEEには”ファラミアとエオウィン”の出会いなんかもしっかりあったので、最後の二人の仲の良さには「そうだったのね!」と納得でした。

他にも追加された未公開シーンは沢山あるけれど、前二作のSEEの劇場未公開シーンよりは「ストーリー上さほど重要ではなかった」って感じのシーンが多かったような気がするのは、それだけ劇場版が完璧に近かったと言うことなんでしょうね。
欲を言えばショーン好きの私としては、「ボロミアの登場シーン、多くして欲しかったぞ〜!」と思いましたが、なんせ彼は1作目で死んでしまっているしなぁ・・

それにしても、これで「指輪の旅」が完全に終わるのかと思うと、寂しい気がするです。・゚・(ノД`)・゚・。
posted by こた at 23:13 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:ら〜ん

『狐怪談』

狐怪談
狐怪談


監督: ユン・ジェヨン
出演: パク・ハンビョル、ソン・ジヒョ、チョ・アン、パク・チヨン

韓国のホラー映画ブームの火付け役となった「女校怪談」シリーズの第3作目。
とは言っても、私は1作目の『女校怪談/囁く廊下』も2作目の『少女達の遺言』も観たことがありません。
なので、前2作と比べようはないけれど、何でもこの『狐怪談』はシリーズ中一番怖いとの話を聞いたので、興味深々で観てみました。

しかし、
うたい文句に釣られてかなり怖いのを想像してたせいか、「全然怖くないじゃん!!」って言うのが正直な感想。
この作品以外にも韓国のホラー作品は何本か観てるけれど、どれも怖いと感じたことがなくて、この『狐怪談』にはちょっと期待してたんだけど。
「やはり日本と韓国では、怖さの基準みたいな物が根本的に違うのかな〜?」とか思いました。

だけど、「怖いか、怖くないか」の二者択一ではなくて、別の角度からストーリ全体を見直してみると、思春期の女の子の心の葛藤とかは、結構上手に描かれているんじゃないかな・・と思います。
特にソン・ジヒョ演じるジンソンの親友のソヒに対する複雑な感情なんかは、国は違っても年頃の女の子って似たところがあるんだなぁ、とも思ったし。

続きを読む
posted by こた at 22:30 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>韓国映画

『ザ・サイト』

監督:ポール・W.S.アンダーソン
出演:アンドリュー・マッカーシー、ケヴィン・タイ、アマンダ・レッドマン
   クレイブ・ハートリー、アレキサンダー・アームストロング

アンドリュー・マッカーシー主演と言うことでDVDを借りてみました。

「マネキン」の爽やかですっ呆けた感じの彼が好きだったのだけど、彼の作品ってそんなに観たことないんだよね。
「マネキン」の他には「プリティ・イン・ピンク」くらいかなぁ・・・
その後、妙にポッチャリしてしまった彼を見てイメージが崩れてしまい、以来彼の作品は観てなかったのです。
でも、この作品ではスッキリと痩せてたなぁ・・って内容と関係ないか( ̄_ ̄ i)

さて、作品を観ての感想はと言うと、ストーリーがどうのとか言う気はないけど、私としては可もなく不可もなくって感じでした。
つまらないって訳でもないけれど、何度も観たいとは思わなかったし。

ちなみにこの映画のタイトルの”サイト”は、ネット関係でよく使うほうの意味ではなくて、「視覚」ってことです。この作品のテーマにピッタリな題名ですね。
posted by こた at 21:30 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:さ〜と

2005年02月04日

ショーン・ビーンの新作(2)

ショーン・ビーンの次回作は、
シャーリズ・セロンやシシー・スペイシクと共演の作品だそう。

早く日本でも観れるといいなるんるん
posted by こた at 15:51 | ⛄ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。