2005年04月02日

『ヴァンパイアvsゾンビ』

ヴァンパイアvsゾンビ

監督:ヴィンス・ダマート
出演:ボニー・ジニー、マリタナ・カールソン

初めにお断りしておきますが、ここまで酷い作品を観るのは、本当に久しぶり。
以前に『デビルマン』を観てブチ切れたことがあったけど、この作品は『デビルマン』どころの話じゃないです。
「新作料金、返せ〜!!」と思いました。
まだ新作扱いの作品だったので、料金が通常より高いってのがボッタクリに思えました。
映画館の入場料の半分にも満たない金額ですらもったいないと思わせるなんて、ある意味”最強の作品”なのかもしれないけど。

とにかく、感想もなにも、ストーリーはメチャクチャだし、出演者にも全く魅力がないし、最悪。
パッケージを見た時から、「こりゃ、ハズレかもしれないな・・」とは思っていたけど、ここまで”ハズレ”な作品だとは思ってみなかったっす(;´・ω・)
あまりに酷かったので、1回観ただけで、速攻返却しちゃいました・・

以後、DVDを借りに行き、この作品が「レンタル中」になっているのを見る度に、
「また犠牲者が増えたな...」と思ってしまうのよね。
良く考えりゃ、”ヴァンパイアとゾンビ”なんて、戦うのも不可能な感じなのに(ゾンビの血は吸えないよね)、面白そうだと思ってしまった自分が、一番お馬鹿だったんだけどねΣ(´д`ノ)ノ
posted by こた at 01:49 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:な〜ほ

『ドラキュリアンU/鮮血の狩人』

ドラキュリア2 鮮血の狩人

監督:パトリック・ルシエ
出演:ジェイソン・スコット・リー、ジェイソン・ロンドン 

もともと、”B級映画”が結構好きなので、『ドラキュリアン』も大昔に見たことがあって、結構面白かったと記憶していたので(内容に関しては記憶が曖昧ですがね...)、「2だから、あれの続編なのかなぁ??」って感じで借りてきました。

がっ!
かなり微妙な作品と言えば聞こえがいいかもしれないけど、個人的には非常に退屈な作品でした。

大体、ブルース・リーを演じたこともある、”ジェイソン・スコット・リー”が吸血鬼を退治する神父を演じてるのだけど、全く神父らしくないし(´_`;)
「別に神父って設定じゃなくてもいいのに」って思いました。

しかも(この映画の本当の主役であるはずの)吸血鬼が吸血鬼らしかったのは、映画が終わる寸前のほんのちょっとの時間だけ。
他は、ずっと縛り付けられて「人間に”血”を奪われる」、と言う情けなさ。
ドラキュラとしての魅力なぞ、ほとんど無いに等しいキャラクターでした。

結局、1作目の『ドラキュリア』とはほとんど繋がりもない作品だったうえに、
あまり面白いとは思えない映画だったので、2回、3回と見たいとは思えませんでした。
”暇つぶし”にもなりませんでした。
ドラキュラ映画、本当は結構好きなんだけどな・・・
posted by こた at 00:57 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:さ〜と

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。