2005年10月10日

『八月のクリスマス』

八月のクリスマス

監督:ホ・ジノ
出演:ハン・ソッキュ、シム・ウナ、シン・グ、イ・ハンウィ、オ・ジヘ
   チョン・ミソン

この映画に関しては色々と余計な事を書くよりも、まず色々な人に見て欲しい作品だと思っています。
ただ敢えてこの映画の感想を言うとしたら、”優しさに溢れた映画”ってトコかな。
その優しさは、ハン・ソッキュ演じるジョンウォンの役柄に負うところが大きいとは思うのですが、最初はちょっと自分勝手にすら思える女性のタリム(シム・ウナ)のキャラクターも、私は好きです。強さと弱さが同居している感じで。

悲しいストーリーになりがちな題材を扱った作品なのに妙な悲壮感など全くなく、
本当に淡々とストーリーが進行していきます。
とにかく主演のハン・ソッキュとシム・ウナが素敵です。

それから・・・
この作品のリメイク版「8月のクリスマス」(主演:山崎まさよし)が公開されていますが、リメイク作の主題歌を主演の山崎まさよし本人が歌っているように、
本家であるこの「八月のクリスマス」でも、ラストの曲を主演のハン・ソッキュ本人が歌っています。
一度、試しに聴いてみるといいかも。ソフトで聴きやすい声だと思います。
歌唱力が特に優れているとは思わないけれど、この映画のイメージにはピッタリです。
posted by こた at 18:27 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(3) | movie>韓国映画

『ランド・オブ・ザ・デッド』

ランド・オブ・ザ・デッド ディレクターズ・カット

監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:サイモン・ベイカー、ジョン・レグイザモ、デニス・ホッパー、ロバート・ジョイ
アーシア・アルジェント

この作品を見に行ってから2週間位経っているのだけど、未だに駄作なのか、
そうでないのか迷っています。
元々はジョージ・A・ロメ監督による”リビングデッド・サーガ”の最新作という事で、
かなり期待して見に行ったのですが。

同じくリビングデッドを題材にしたヒット作「ドーン・オブ・ザ・デッド」の、
走ったり跳んだりするゾンビを見て「何か違うな・・・」と思っていたので、
この「ランド・オブ・ザ・デッド」の、
モタモタした動きをするゾンビを見た時は「おっ!」と思っていたのに、
ストーリーが進むにつれてゾンビ同士でコミュニケーションをとっていたり、
だんだんと知恵を持つというのはちょっと・・・と感じてしまったし、
全体的にアクションの要素が強い感じがして、期待していたのとは違うかな・・・と。
それと、「ゾンビ」に比べてユーモアのあるシーンも少なかったので、
この”リビングデッド・サーガ”の根底にあるはずの「痛烈な社会批判」の要素が、
かえって薄れてしまったような気がして残念でした。

と、ここまで批判的なことばかり書いているような気もしますが、
私個人としては、この作品よりもヒットした「ドーン・オブ・ザ・デッド」よりは、
こっちの方が好きかも・・・です。
posted by こた at 17:45 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | movie>洋画:ら〜ん

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。