2005年11月08日

『キャビン・フィーバー』

キャビン・フィーバー

監督:イーライ・ロス
出演:ライダー・ストロング、ジョーダン・ラッド、セリナ・ヴィンセント
   ジョーイ・カーン、ジェームズ・デベロ

劇場公開時、ピーター・ジャクソン監督やタランティーノ監督が絶賛!などとうっていたので、先日DVDで鑑賞しました。

そんなこんなでかなり期待して見たのですが、私にはどうも・・・。
「こりゃ酷い!」って訳ではないのです。低予算で作られたものにしては鑑賞に堪えうる作品だと思うし、なにより80年代ホラーっぽい設定が懐かしくもあったのですが。
でも、それ以上に先の読める展開や、予想通りのオチの方が気になってしまいました。
おまけに出演者にあまり魅力を感じなかった点で、「テキサス・チェーンソー」や「クライモリ」よりも下かなぁ・・・なんて気もしましたし。

この映画の要になる”未知のウィルス”に関しても、扱いが中途半端で消化不良気味な感じです。
いっそウィルスの出先をもっと掘り下げるとか(違うジャンルの映画になってしまいそーですが)、反対にウィルスの感染経路とかトコトン謎にしてしまっても良かったんじゃないか、と思います。

という訳で、そこそこ面白い作品だとは思いましたが、
この映画のどこにタランティーノ監督やピーター・ジャクソン監督を熱狂させる物があったのか、私には最後まで分からずじまいでした。
posted by こた at 12:54 | ☔ | Comment(2) | TrackBack(2) | movie>洋画:あ〜こ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。