2005年11月21日

『ソウ2』

監督:ダーレン・リン・バウズマン
出演:ドニー・ウォルバーグ、ショウニー・スミス、エリック・ナドセン、フランキーG
グレン・プラマー、ダイナ・メイヤー、エマニュエル・ヴォジエ、トビン・ベル
ビヴァリー・ミッチェル

ほとんど傑作と言っていいと思った前作『ソウ』は劇場で見ていたので、その続編と聞いて見に行った本作。
実を言うと、キャッチの「謎は全て明かされる!前作をはるかに超える[ ソリッド・シチュエーション・スリラー ]と言うのが、鑑賞前から気がかりになってました。
何故なら、呆れるほどの駄作だと個人的に思っている『キューブ2』も同じようなキャッチ・コピーが・・・。
* 余談ですが、『キューブ』は見ておいて損はない作品だと思いマス。

さて、話を本筋に戻して。
前作を超えるとなると、かなりハイ・レベルの作品になっていなければいけないんですが、どうなんでしょう?
人によってかなり見方が違うようだけれど、私的には「前作は超えてないでしょう〜」と思っています。
初めて前作の『ソウ』を見た時に感じた緊張感が、この続編ではあまり感じられなかったからかもしれません。

それに今作では、かなり早い段階から真犯人が分かってしまいましたしね。
ジグソウのゲームに巻き込まれた人達は、皆一様に青白い顔をして、話が進むにつれて血を吐いたりしているのに、犯人だけは他に比べて顔色もいいし、後半になっても走ったりしているのですから。
ただし、(前作の犯人でもある)ジグソウに共犯者がいて、ジグソウ亡き後に後を継ぐ人間がいるというのは意外でしたが。

ココまであまり良い事を書かずに来てしまいましたが、続編ものとしては、かなり良く出来た作品ではあると思います。
ラストのオチのつけ方も、私は好きです。『ソウ3』が製作された時は、間違いなく劇場に足を運ぶと思います。

それから最後に一つ。この『ソウ2』を見る前に、必ず1作目の『ソウ』を見ておく事をオススメします。
もろに前作の続きという設定になっていますから、1作目を見ておかないと分からない部分が多々あると思いますので。
posted by こた at 09:10 | ⛄ | Comment(2) | TrackBack(2) | movie>洋画:さ〜と

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。