2006年01月13日

『スタンドアップ』

スタンドアップ 特別版

監督:ニキ・カーロ
出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン
   リチャード・ジェンキンス、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク

加入しているプロバイダーの懸賞で、試写会に当たったので見に行ってきました。
この映画のストーリーにも興味もあったし、それより何よりショーン・ビーンが見られるのが楽しみだったのですが。

ところが、上映が始まったとたん、そんなついた浮ついたついた気持ちはどこかへ吹っ飛んでしまいました。
テーマが非常に重い作品だという事は、言うまでもありません。
実話を元にしているうえに、あの訴訟社会のアメリカでも、当時はまだほとんど例の無かったセクハラ裁判を題材にしているのですから。
しかも、ヒロインのジョージーは2人の子を持つシングルマザーで、上の子のサミーに至っては彼女が10代の時に生んだ父親の分からない子。
そんな彼女がたった一人で自分の働いている会社を訴えようとしても、
もともと女性が自分達と同じ職場で働くことを疎ましく思っている男達が協力などしてくれるはずもないし、同僚の女性達はそんな男達の報復を恐れて、彼女の味方にすらなってくれない。
そんな状況の中でも彼女を支えてくれたのが、彼女の両親なんだよね。
特に父親は、子連れで戻ってきた娘を心よく思わず、2人の子供を育てる為にジョージーが自分と同じ鉱山で働くことに反対すらしていたのに、
誰からも助けて貰えず一人孤独な戦い続ける娘を見て、そっと手を差し伸べるシーンには、思わず涙が出てしまいました。

ラスト近く、ジョージーがずっとひた隠しにしていたサミーの父親が誰なのかという事が明らかになった場面は、同じ女性として見ているのが辛かったです。

続きを読む
posted by こた at 01:49 | ☁ | Comment(5) | TrackBack(9) | movie>ショーン・ビーン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。