2004年11月03日

『デビルマン』

デビルマン

監督:那須博之
出演:伊崎央登、伊崎右典、酒井彩名、渋谷飛鳥、冨永愛、宇崎竜童、阿木燿子
   ボブ・サップ

何を隠そう、子供の頃、TVアニメの『デビルマン』は欠かさず観ていた私。
大人になってからもOA版の『デビルマン』とか観てたし。

だから、『デビルマン』が映画化されると聞いた時は期待半分、不安半分だったりして。
あの世界観がどんなふうに映像化されているのか、ちょっと興味があったんだよね。

実際にスクリーンで観た感想はと言うと・・・「イタタッ・・・」って感じでしたわ。観なきゃ良かった。ストーリーがどうとか言う以前に、主役の演技が下手すぎ!まるで、小学生の「学芸会」レベルなんだもん!!大沢樹生の「変態男」ぶりには笑えたけど。

それにしても、あれで制作費が10億?お金の無駄遣いじゃないか?しかも製作期間が一年・・・この程度の映画で一年もの製作期間が必要なの??CGだって、そんなに凄くないのに。稀にみる駄作だと思ったのは私だけか?とにかく「私が払った入場料を返しておくれ〜〜!」と叫びたくなるってもんです。

酷い映画だったけど、中でも観ていて一番気になったのはデビルマンに変身する前後で、いちいちポーズ付けるのよっ!あれなら「ウルトラマン」や「仮面ライダー」の変身シーンの方が、よっぽど格好いい様な気がする・・・とにかく鬱陶しいったらありゃしない。「さっさとデビルマンになっておくれっ!」と何度思ったことか。しかも、上半身裸になってるのは仕方ないとしてもだよ、細くて風にでも飛ばされてしまいそうな体つきの男の子が『デビルマン』だぁ??バッタのような割れた腹筋は無理だとしても、せめてもう少しなんとかならなかったのかねぇ。キントレに励むとか、それくらいしてもいいでしょうに。デビルマンなんだからさ・・・

冨永愛のシレーヌも、ビジュアル的にはいいいのだけど(スタイル抜群だね、やっぱり!)出てきたのは一瞬。「シレーヌ、どこへ行ったの?」って感じ。

途中から観るのイヤになっちゃってました。
う〜ん・・・Σ( ̄▽ ̄;|||
posted by こた at 02:41 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>邦画:さ〜と
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1021195

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。