2005年12月11日

『私の頭の中の消しゴム』

私の頭の中の消しゴム


この映画、ロングランとかでかなりの期間上映されていましたが、私が見に行ったのは上映終了間近の今月8日。
公開されてからかなり日数が経っているので観客もあまり居ないだろうと思っていましたが・・・客席にはかなりの人が居ました。
観客の大半は女性で、しかも私から見てかなり年上のオバサマ達ばかり。
なので見始めるまではちょっと心配でした。
「思いっきりメロドラマだったらイヤだな〜」、なんて思ってしまったのです。

そんな風に思いながら最初は見ていたのですが、
見ているうちにそんな心配はどこかへ消えてしまいました。
思っていたよりお涙頂戴的な内容でもなくて、意外と淡々と見ることが出来ました。
それでも後半は、かなりジーンとくるシーンが多かったですが。

主演のチョン・ウソンとソン・イェジンも、二人共に演じた役柄には合っていたと思います。
特に夫役のチョン・ウソン。
この作品以外の彼の出演作は、チェ・ミンスと共演した『ユリョン』くらいしか見たことがなかったのですが、この作品で彼が演じたチョルスのように、一見、頑固でぶっきらぼうにみえて実は気持ちの優しい一途な男という役柄は、彼にはとても似合っていると思いました。
ソン・イェジンは『ラブ・ストーリー』の時の彼女の方が良かったかな・・・なんて私は思っていますが、そこは好みの問題だと思うので。

ところで、この作品は賛否両論が激しいようです。
確かに「それって、どうよ??」と感じるところも多々あるんですよね。
でも、私は見て損をしたとは思いませんでした。
posted by こた at 00:35 | ☀ | Comment(2) | TrackBack(4) | movie>韓国映画
この記事へのコメント
切なさに涙ぽろぽろ、化粧はハゲハゲでした(^O^)。文句なしの感動作だったなー。Tb失礼しますね。
Posted by あん at 2005年12月11日 20:03
あんさん、はじめまして。
コメント&TB、ありがとうございます。

ホント、切ない物語ですよね。
私も見ていてジーンと来たシーンが沢山ありました。
DVDが出たら、もう1回ゆっくり見直したい作品です(〃▽〃)

Posted by こた at 2005年12月12日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私の頭の中の消しゴム・・・
Excerpt:             涙  涙  涙  そして又涙 ・・涙が止まりません。 ウチだったらきっと声をあげて泣き崩れていたでしょう。 決して泣かせてやろうとか、同情を買おうとか、そんなあざとさや ..
Weblog: あんと夢子のス・テ・キ!なダイエットライフ
Tracked: 2005-12-11 20:01

「私の頭の中の消しゴム」
Excerpt: 若年性アルツハイマー・・・ この病気を取り扱っている内容なだけに、たぶん泣くだろうな。。。という思いは最初から持っていた。 でも、できるだけ冷静に客観的に観ようと決心してようやく劇場鑑賞。 ..
Weblog: 雑板屋
Tracked: 2005-12-13 03:34

「私の頭の中の消しゴム」劇場にて
Excerpt: 『ドミノ』に引き続き見たのが『私の頭の中の消しゴム』です。 実は金沢で行われたこの作品の試写会に当たっていたのですが、盲腸で倒れてしまった為に行けず、その後富山で行われた試写会には落選してしまった作..
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2005-12-13 21:13

私の頭の中の消しゴム 06年51本目
Excerpt: 私の頭の中の消しゴム 『武士−MUSA−』のチョン・ウソン と『四月の雪 』のソン・イェジン が共演した珠玉のラブストーリー。 ぽすれん 2001年・よみうりテレビ・..
Weblog: 猫姫じゃ
Tracked: 2006-03-18 21:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。