2004年10月03日

『八つ墓村』

八つ墓村

監督:野村芳太郎
出演:山崎努、渥美清、萩原健一、山本陽子、小川真由美、市原悦子

横溝正史の同名小説は、何度かTVドラマ化もされているし、三度映画化もされているけれど、私が好きなのは1977年に製作されたもの。
一番最近映画化されていた作品では、豊川悦司が金田一耕介を演じていたけど、この作品では、渥美清さん(寅さん!)が金田一耕介役を演じてます。

この映画は製作費が7億円だそうだけど、それはあくまで当時の金額。現在の金額に換算すると15億円だそうで。
冒頭のシーンに出てくる滝や映画でも重要な役割を果たしている鍾乳洞は、セットとかじゃなく、本物の滝や鍾乳洞を使って撮影しているだけあってスケールが大きいし、出演者もかなり豪華。

子供の頃、TVでこの映画を観た時に、山崎努が頭に懐中電灯をさして凄い形相で走ってくるシーンと、ラスト近くの小川真由美の白塗りの顔が怖くて、まともに観れなかった記憶が・・・。今はフツーに観てますが。

有名どころが大勢出ている作品だけど、中でも『北の国から』で親子を演じていた田中邦衛が落ち武者役、吉岡秀隆が主人公の子供時代を演じていて、二人とも今とあまり顔が変わってません(笑)当然、年はとっているけどね。

原作とはストーリーや登場人物がちょっとずつ違っているし、ラストはまるっきり違っちゃっているけど、映画としては面白いと思う。「トヨエツ」が金田一さんを演じてる方は、出演者の演技が少々オーバーな気がするので、作品自体は良く出来ているとは思うけれど、あまり好きじゃないです。

そうそう、金田一耕介と言えば、モジャモジャ頭を掻きむしったり、袴をバタバタさせて走っているイメージが強いけど、この映画での金田一耕介はいたって普通のオジサンっ!て感じです。服装も普通の洋服だし。頭を掻きむしったりもしないので、割と小奇麗な印象かも('-'*)
posted by こた at 12:27 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>邦画:ま〜よ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。