2004年11月20日

『シークレット・ウィンドウ』

シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション

監督:デビッド・コープ
出演:ジョニー・デップ、ジョン・タトゥーロ、マリア・ベロ
   ティモシー・ハットン、チャールズ・S・ダットン

私の大好きな作家スティーブン・キングが原作。彼の作品は映画化されているのも多いし、初期の頃の作品では「これはヒドイ!」と感じる作品とそうでない作品とに分かれたけれど、ホラー色の薄い作品も映画化される様になってから、割といい映画になるのが増えてきた様な気がします。
でもって、この『シークレット・ウィンドウ』の原作である『秘密の窓、秘密の庭』はまだ読んだ事がなかったので、この作品の予備知識は全くありませんでした。

しかし、冒頭のシーン、ジョニー・デップ演じるモートが一人で車を運転しながら、「頭の中の声」と会話しているっぽい感じだったので「これはもしかしたら・・・?」と思いつつ観ていたのです。
事の真相が分かってくる辺りで「やっぱりね!」って感じでした。

でも、映画としては面白かったと思います。キャストも良かったし。
本編ではジョニー・デップはほとんど出ずっぱりだったし、一人きりのシーンも多かったので、演技力のない人が「モート」を演じてたら最悪の映画になってたかもしれないけれど。
モートに「俺の小説を盗んだな!!」と迫るシューター役のジョン・タトゥーロも、役柄に合っていたと思います。

ただ、別居中の妻はちょっと・・・「未練がましく離婚届けの判を押さないでいる」程いい女とは思えないのだけど。男性の目から見たら十分に美人なのだろうし、頭も良さそうな感じなのだけど、「もっと華があっても良かったのじゃないかな〜」なんて思ってしまいました。
マリア・ベロって『ER』に出てた時はもっと綺麗な人だった様な気がしたのだけどなぁ・・・。

ティモシー・ハットンは、随分と老けた!(笑)ジョニー・デップと3つしか年が違わない様には見えないし!
たぶんジョニーが実年齢よりも若く見えるからだろうとは思いますが。
彼(=ティモシー・ハットン)は経歴とか見ると「凄いのね〜!」と思うのだけど、私からすると印象が薄いですねぇ・・・。だいぶ昔に観た『タップス』でも、トム・クルーズやショーン・ペンの方が記憶に残っているくらいだし。

いずれにしても、楽しめる作品ではあると思う。ラスト・シーンのジョニー・デップはかなり不気味でしたよ。冒頭の人物と同じ人とは思えないくらいにね!って、同じ人ではないのだから仕方ないか・・・(←映画を観た人なら分かるよん)
posted by こた at 04:16 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:さ〜と
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。