2004年09月28日

『狗神』

狗神 特別版

監督:原田眞人
出演:天海佑希、渡部篤郎、深浦加奈子、山路和弘

もう結構前になるけど、映画館に足を運んだ作品だった。同時上映は奥菜 恵の『弟切草』でしたね。

この映画、原作は坂東真砂子の同名小説。これまた映画化されて話題になった『死国』を書いた作家さんです。彼女の作品は結構好きで、この『狗神』も映画化前に小説の方は読んではいたけれど、個人的に『死国』も原作に比べると格段につまらない作品になっていたから、あまり期待しすぎない様にしてはいたのだけど・・・

思った通りというか、映画を観て「あぁっ??」となってしまった。小説のイメージとかけ離れすぎてる・・・。最初に原作を読んでしまったのがいけなかったんだろうなぁ。自分の頭の中で、知らず知らずのうちにイメージが出来上がっていたのかもしれないし。

でも、原作も映画と同じく、実の母と息子が愛し合う(当人達は親子とは気が付いてなかったけど)と言う設定にはなっていたけれど、映画に比べてもっと切ない感じだったのですよ。なのに映画の方では、主人公達の心情的な面があまり描かれていなくてガッカリ。限られた上映時間の為に、原作と異なる部分が出てきてしまうのは仕方ないとは思うけれど、せめて原作の持つ「物悲しさ」だけは残していて欲しかった。

キャストも、主役の天海祐希や渡部篤郎も嫌いではないけれど、「この映画には合わないなぁ」と。

結構豪華なキャストだったのに、私としては「期待外れな作品」だったかも・・・( ̄_ ̄ i)
posted by こた at 13:16 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>邦画:あ〜こ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。