2004年12月21日

『パトリオット・ゲーム』

パトリオット・ゲーム アドバンスト・コレクターズ・エディション

監督:フィリップ・ノイス
出演:ハリソン・フォード、アン・アーチャー、ショーン・ビーン、パトリック・バージン
   サミュエル・L・ジャクソン

まず最初にお断りしておきます。この『パトリオット・ゲーム』を観たのは、ハリソン演じるジャック・ライアンに「復讐の炎を燃やすIRAのテロリスト役」をやっているショーン・ビーンが観たい一心でありました。だからストーリーに多少難があったとしても、ショーン・ビーンを観る事が出来ればいいのです、私の場合。

ただ、あまりダメダメな作品だと、例えショーンが出ていても二度と観ないかもしれないですね―あっ、でも『RONIN』は二回以上観ちゃったかも。ショーンのダメっぷりが痛々しい作品だった上に、ストーリーもイタかったのに・・・

さて、本題に戻るとします。私、映画のトム・クランシーの書いた原作は一度も読んだ事がないけれど、映画での「ジャック・ライアン」シリーズは割とよく見ています。
でも、この作品を観ていて疑問が一つ。それはショーン・ビーン(以下、豆さん)演じる冷酷なテロリストが、いくら実の弟を殺されたからと言っても、あそこまで「私怨」だけで行動するだろうか?と言う事。IRAに詳しい訳じゃないけれど、ちょっと疑問に思ったもので。

しかも、このショーン・ミラーというテロリストはパトリック・バージン演じる兄貴分も殺してしまったりと、あまりにも暴走しすぎ。
あれじゃ、「テロリスト」としては使い物にならんでしょうに。

それにしても、この『パトリオット・ゲーム』を観ていて今更ながら感じた事は、「ハリソン・フォードって、どの映画に出ても、どんな役柄を演じてもハリソン・フォードなんだなぁ」という事でした。

ところで、この作品で悪役を演じてた豆さん、若いです!そして、作品の前半では「かの有名な眉の傷」がない豆さんも見れました♪

「豆さんの顔にあんな傷を残すたぁ、ハリソンはとんでもないヤツだ!」と思ってしまったのは、ただ単に、私が豆さんファンだから(笑)物語のラストでは、あの「眉の傷」のせいで悪役顔に拍車がかかっちまいましたが、やっぱりカッコイイ。惚れ直しました(*゚∀゚)ゞ

『LOTR』のボロミア役から彼にハマってしまった私には、スッキリとした短髪も、自分勝手な暴走しまくりな役柄も(そのせいで死んじゃったのは×だけど)、全てが新鮮でした。
おかげで「豆さんバカ」に拍車がかかってしまったのは言うまでもない・・・って、言ってるか(爆)
posted by こた at 21:14 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1364524

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。