2004年12月31日

『いま、会いにゆきます』

いま、会いにゆきます スタンダード・エディション

監督:土井 裕康
出演:竹内結子、中村獅童、武井証、中村嘉葎雄、市川実日子、YOU、松尾スズキ
   小日向文世

話題作だからって訳でもないけれど、久しぶりに映画館の大きなスクリーンで観たいと思った邦画でした。

今年は、秋に『デビルマン』などと言う駄作中の駄作を観てしまい、生まれて初めて「こんな映画作りやがって〜!金返せ〜!」となってしまったトラウマが・・・。
ま、これに関しては事前に情報収集をしなかった私にも責任があるんだけどね・・・。
ありとあらゆる媒体で、あそこまで酷評されてる映画を観に行ってしまったのだから。あの時は自分の馬鹿さ加減を呪いたくなったものでした。

でも、この『いま、会いにゆきます』は観に行って良かったと思います。
現実にはありえない話だけれど、本当にあんな事があったら素敵だなぁ・・なんて思ってしまったし、何よりも見終わった後に残る爽やかが良かったです。

ラスト近く、この映画の主人公の澪(竹内結子)が残した日記で「いま、会いにゆきます」の一言が誰にあてて書かれ、何故そう書いたのか明らかになるシーン。
普通ならただ切なくなるだけで終わりそうだけれど、私は切なくなると同時に妙な清々しさを感じてしまいました。たぶんこの映画の登場人物の中で一番辛かったのは、自分の運命を知りながらも巧(中村獅童)と一緒に生きていく事を選んだ澪なのだろうに、その澪が毅然とした態度で自分の運命を受け入れている辺りが、そう感じさせたのかもしれないと思いました。

ところで、日本の女優さんにあまり好きな人がいない私ですが、この作品で主演した竹内結子さんは好きです。たぶん、日本の若い女優さんの中では一番好きです。彼女、同性の目からみても爽やかで好感の持てるタイプですよね。
昔、『リング』に出演した時は本編開始後すぐに死んでしまうって役だったのに「たった数年でここまで活躍できる様になるなんて凄い!」と、最近の彼女を見てると思います(*^-^)

それから、巧役の中村獅童もいい感じでした。不器用だけれど、一生懸命で一途な役に見事なくらいハマっていて。
彼を一躍有名にした『ピンポン』は主演が窪塚洋介ってだけで観てないんですが、この『今、会いにゆきます』を観た後、ちょっと観てみようかなって気になりました。あくまでも「気」なので、まだ観てはいないですが。

後、この映画は主役以外の脇役の人達も良かった。特にYOUの演じていた先生役が、出番は少ないけどいい味だしていて、私は好きでした。
posted by こた at 23:44 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>邦画:あ〜こ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1513445

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。