2005年01月28日

『アンダー・サスピション』

アンダー・サスピション

監督:スティーヴン・ホプキンス
出演:ジーン・ハックマン 、モーガン・フリーマン 、トーマス・ジェーン
   モニカ・ベルッチ

出演陣は豪華です。だけど、個人的にはそれだけという印象の映画でした。

まず、ラストにどんでん返しがあるも、サスペンス映画としては平凡だったと思いました。
これと言った謎解きもないし、ストーリー展開も予想範囲内だったので「やっぱり、犯人じゃなかったのね・・」な感じでしたし。

それでもジーン・ハックマンは貫禄があって、トーマス・ジェーンは「血の気の多い」若い刑事役がピッタリ。
モニカ・ベルッチは同性から見ても「やっぱり綺麗だなぁ〜」と思いました。

でも私は、”豪華なキャストを使ったのにそれを活かしきれていない作品”という印象が拭えないです。

「ヒマつぶしに観るにはいいけれど、何が何でも観たい映画ではないなぁ・・」と言うのが、正直な感想かな・・・
posted by こた at 15:20 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:あ〜こ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。