2005年02月14日

『殺人の追憶』

殺人の追憶

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、キム・サンギョン、キム・レハ、ソン・ジェホ、ピョン・ヒボン
   パク・ノシク、パク・ヘイル、チョン・ミソン

韓国の小さな村で実際に起こった、連続婦女暴行殺人事件を元に映画化した作品。
ずっと観たいとは思いつつも映画館で観る機会を逃してしまい、結局DVDをレンタルして来て観ることとなりました。

前評判の高かった作品なだけに、半分「期待外れじゃなきゃいいけど・・」と思いましたが、そんな心配は無駄でした。
ストーリーの都合上暗いシーンが多いけれどそれほど気にはならないし、私としては非常に見応えのある作品だと感じました。
特にラストシーンには、事件に関わった人達の感情が全て凝縮されてるって感じです。

ただ、元になった事件が現在でも解決していない「迷宮入り事件」だし、映画の方も事件は解決しないまま終わっているので、観終わった後に「やるせなさ」みたいな物も感じました。
と同時に、作り物の映画からでさえ“犯人に対する怒り”や“事件を解決できなかった事へ対する悔しさ”が伝わってくるのは凄いと思ったし、現実には未解決のままと言うことで、この事件の犯人が今もどこかで「普通の暮らし」をしているのかと思うと、怒りと恐怖が同時にこみ上げてくる感じがすらしましたよ。

とにかく、映画館の大きなスクリーンで観られなかったことを「メチャクチャ悔しい〜!」と思った作品でした。
posted by こた at 09:35 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>韓国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。