2007年08月02日

『白い家の少女』

白い家の少女


監督:ニコラス・ジェスネル
出演:ジョディ・フォスター、マーティン・シーン、アレクシス・スミス、
モルト・シューマン、スコット・ジャコビー

「告発の行方」・「羊たちの沈黙」で二度のオスカーに輝いたジョディ・フォスターが、子役時代に主演したサスペンス作品。
とは言っても、見ていてハラハラするような緊張感は所々しかないとは思うのですが。でも、大好きなんです、この作品。
主人公を演じるジョディの妙な幼さと冷酷な大人っぽさ、劇中に流れるショパンや寒々しい風景など、この映画の持つ雰囲気が私は好きなのかも。

ラスト近く、マーティン・シーン演じる金持ちのバカ息子と主人公リンの、静かな、それでいて緊張感のある対決は目が離せませんでした。ジョディのあの目の演技は本当にすごい!
最近は、イマイチパッとしない作品ばかりに出ている感のあるジョディ・フォスターだけど、この映画の彼女はとても魅力的だと思うので、このテの一筋縄ではいかなさそうな、印象的な役柄に挑戦して欲しいな〜と思います。

そうそう、劇中、、主人公リンが裸になるシーンがあるけど、あれはジョディのお姉さんが代役をやっているそうです。
姉妹だけあって、背格好は本当にそっくりでした。
posted by こた at 00:19 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:さ〜と
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。