2005年09月16日

『砂と霧の家』

砂と霧の家 特別版

監督:ヴァディム・パールマン
出演:ジェニファー・コネリー、ベン・キングスレー、ロン・エルダード
   ショーレ・アグダシュルー

この映画の劇場公開時のコピーは、
「世界中を嗚咽させた、今世紀、最も美しい悲劇が遂に幕を開ける!」
「最も美しい悲劇ってなに?」と思っていましたが、作品を見て納得しました。

最悪のタイミングで出会った人達の間に起きた、最悪の悲劇。この悲劇に関わった人が皆、結局心に深い傷を負いながらも見つけた真実は「自分が求めていたのは暖かい家庭」だということです。
つまり、自分達は家(house)を求めていると思っていたけれど、本当に欲しかったのは家庭(home)という事なんでしょうね。
ただその事に気付くのが、あまりにも遅すぎたのだと思います。
見ていてとても切なくなる作品でした。

内容もさることながら、ジェニファー・コネリーやベン・キングスレーを初めとしたキャストも素晴らしいので、安心して見ることが出来ます。
人間ドラマが好きな人は、是非オススメしたいで1本です。
posted by こた at 18:04 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | movie>洋画:さ〜と
この記事へのコメント
う〜ん、観てみたい気もするんだけど
基本的に悲劇は苦手なんだよね^^;
ヤッパ映画は後味スッキリじゃないと気持ち悪いんですよ・・・
まあ、悲劇の程度にもよるんだけど
救いようのない「ダンサー・イン・ザ・ダーク」とか「セブン」とかのようなのは××
Posted by ikemitu at 2005年09月28日 22:07
なるほど・・・
悲劇が苦手な人には、ちょっと辛い内容かもしれないです(-_-;)
ただ、同じ悲劇でも「ダンサー〜」とか「セブン」よりは多少マシかな?って感じもするんだけどね。重さが違うというか。

「ダンサー〜」も「セブン」も、確かに救いようのないストーリーだけど、
私は「ダンサー〜」の方が苦手です。
Posted by こた at 2005年09月28日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6990123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。