2005年11月25日

『ザ・パーク』

監督:アンドリュー・ラウ
出演:デレク・ツァン、エドウィン・シュウ、マシュー・ポール・ディーン

香港のホラー作品です。閉鎖された曰く付きの遊園地へ、失踪した兄を探しに行く妹とその仲間達。しかし彼らは怪奇現象に巻き込まれ次々と命を落としていく・・・、
というストーリー。

この作品はDVDで鑑賞しましたが、3D映像を2D映像に変換してある為、
見にくいシーンが所々にあります。
別に見る分に支障はないですが、
『お〜、3Dメガネをかけて見ると良いかも♪」という感じの映像です。

さて肝心のストーリーですが・・・
別段書く事もないかな〜という印象です。
ストーリーを見るというよりも、”主人公の仲間達がどんな死に方をするのかを見ている”といった感じでした。突っ込みどころも満載だし。
ラストも「うひゃ!やっぱりこうなったのね!!」って。
ホッとしたのも束の間、最後に!!!な終わり方をするというのはある意味定番って感じなんだけど、この映画に限ってはラストのオチにも全くドキドキしません。
劇中に起こる怪奇現象も、あまりに現実離れしすぎている為に、
「怖いっ〜〜」と思うより笑えてきちゃいました。

そんな全く怖くないホラー作品ですが、「インファナル・アフェア」の監督の作品だというのにはちょっとビックリ。
それからこの映画を見て改めて思った事が一つ。人間の自然の感情を表現するのって、演技の上手下手が一番分かりやすいのですね。
特に泣くシーンとか。
この映画のヒロイン役の女優さんの泣く演技は、学芸会を見ているようでした。
posted by こた at 13:38 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>アジア映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9787406

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。