2004年11月05日

『SAW/ソウ』

SAW ソウ DTSエディション

監督:ジェームズ・ワン
出演:ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローヴァーモニカ・ポッター、ケン・リョン
   マイケル・エマーソン

予告篇を観た時に「ソリッド・シチュエーション・スリラー」って言っていたので、『メメント』みたいな映画を想像していたけど、『メメント』よりはストーリー展開が解り易いし、ブラピの『セブン』に通じる所もあるような・・・

とにかく、一瞬でも目は離さない方がいいです。初めは何気ないシーンに思えても、後になって「そうだったのか〜!」って言う所がかなりありますしね。登場人物のセリフにも、注意しておいた方がいいです。

連続殺人犯を扱った映画は沢山あるけれど、この『SAW』の犯人は連続殺人犯の中では、ちょっと異色な感じ。殺人を楽しんでいる様には見えないんだよね。
自分は直接手をくださずに、被害者を死へ追い込んでいくといった感じなので、ある意味、『ハンニバル』のレクター博士より怖いかもしれない。

一度だけでなく、二度・三度と観た方が面白いかもしれないと思ったし、『CUBE』やデビッド・フィンチャー監督の映画が好きな人にはオススメかも。

この映画、撮影日数が18日しかなかったらしい。しかも、たった18日間の撮影でこれだけの映画が作れるって言うのも凄い!!

最後に犯人は誰なのかを書きたいところだけど、書いてしまっては面白くないので。
ヒントは、『犯人は、いつも最前列で見ている』。「最前列」の謎が解けたら、犯人も解ると思うなぁ・・・夢中になりすぎていて、私は最後まで解らなかったけど(笑)
posted by こた at 12:29 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>洋画:さ〜と
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/998076

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。