2006年01月13日

『スタンドアップ』

スタンドアップ 特別版

監督:ニキ・カーロ
出演:シャーリーズ・セロン、フランシス・マクドーマンド、ショーン・ビーン
   リチャード・ジェンキンス、ウディ・ハレルソン、シシー・スペイセク

加入しているプロバイダーの懸賞で、試写会に当たったので見に行ってきました。
この映画のストーリーにも興味もあったし、それより何よりショーン・ビーンが見られるのが楽しみだったのですが。

ところが、上映が始まったとたん、そんなついた浮ついたついた気持ちはどこかへ吹っ飛んでしまいました。
テーマが非常に重い作品だという事は、言うまでもありません。
実話を元にしているうえに、あの訴訟社会のアメリカでも、当時はまだほとんど例の無かったセクハラ裁判を題材にしているのですから。
しかも、ヒロインのジョージーは2人の子を持つシングルマザーで、上の子のサミーに至っては彼女が10代の時に生んだ父親の分からない子。
そんな彼女がたった一人で自分の働いている会社を訴えようとしても、
もともと女性が自分達と同じ職場で働くことを疎ましく思っている男達が協力などしてくれるはずもないし、同僚の女性達はそんな男達の報復を恐れて、彼女の味方にすらなってくれない。
そんな状況の中でも彼女を支えてくれたのが、彼女の両親なんだよね。
特に父親は、子連れで戻ってきた娘を心よく思わず、2人の子供を育てる為にジョージーが自分と同じ鉱山で働くことに反対すらしていたのに、
誰からも助けて貰えず一人孤独な戦い続ける娘を見て、そっと手を差し伸べるシーンには、思わず涙が出てしまいました。

ラスト近く、ジョージーがずっとひた隠しにしていたサミーの父親が誰なのかという事が明らかになった場面は、同じ女性として見ているのが辛かったです。

続きを読む
posted by こた at 01:49 | ☁ | Comment(5) | TrackBack(9) | movie>ショーン・ビーン

2005年09月04日

日本での公開はいつ?

暫くチェックを怠っている間に、
ショーンの新作の公式HPやトレイラーが、続々とUPされてたのですね(-_-;)
そう言えば、今月の23日から「FLIGHTPLAN」も公開だし。(日本公開は??ですが)
「The Dark」(マリア・ベッロ共演のホラー・スリラー)のドイツ版予告編と、
「NORTH COUNTRY」の予告編、とりあえずチェックしてみました。

「NORTH COUNTRY」はシャーリズ・セロンが主演だから、いずれ日本公開もあるでしょうが、「The Dark」はどうかな...
もし運良く公開されても、単館上映とかになりそう。
個人的な趣味で言えば、「The Dark」の方が見てみたい気がするかもヘ(゚∀゚ヘ)

■ 「NORTH COUNTRY」の公式HP ■
  http://northcountrymovie.warnerbros.com/
posted by こた at 02:19 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年09月03日

『アイランド』

アイランド

監督:マイケル・ベイ
出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー
   ショーン・ビーン、マイケル・クラーク・ダンカン、スティーブ・ブシェミ

最初に言ってしまうと、この映画を見に行ったのはショーン・ビーンが出ているから。
もしショーンが出ていなかったら・・・「パール・ハーバー」を見た後で、マイケル・ベイ作品を見ようなんて思わないです。

そんなふうに、さほど期待しないで見に行った作品でしたが、思っていたよりはハズレじゃなかったのかも。
でも、だからと言って、何度も見たい作品ではありません。1回見たら、もうお腹一杯って感じでした。

人間のエゴの為に生み出されたクローンが、自己に目覚めたらどうなるか・・・というのは、なかなか良いんじゃないかと思いますが、なんせ、人物描写が薄っぺらいです。
カーチェイスに割く時間があったら、もっと主人公の心情とか丁寧に描写して欲しかった・・・。
しかも、いくらクローンと言えども生身の人間が、高層ビルから落ちたのに普通に走っているってどうよ?って思ってしまったし。
ほんの少し前まで外界を知らなかったのに、追っ手の凄腕連中をコテンパンに負かすなんてアリ?とか、突っ込み始めたら止まらないです。

続きを読む
posted by こた at 00:44 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(5) | movie>ショーン・ビーン

2005年05月28日

豆様と『サイレント・ヒル』

ショーンが『サイレント・ヒル』に出演するのは知っていました。
そして『サイレント・ヒル』が同名の人気ゲームだという事も知っていました。

ただ、ゲームの才能をからっきし持ち合わせていない私。
弟に『サイレント・ヒル』を借りるも、無残な結果に....

『サイレント・ヒル』に関しては、映画の完成を待ちわびるだけにして、
二度とプレイはしないことにしましたΣ(^▽^;)

つーか、『サイレント・ヒル』も結構だけど『The Dark』はどうなってるんでしょうかねぇ?
posted by こた at 01:57 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年04月28日

『007/ゴールデンアイ』

監督:マーティン・キャンベル
出演:ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーン、ジュディ・デンチ、ファムケ・ヤンセン
イザベラ・スコルプコ

この映画、実はかなり前にも(ショーン・ビーン目当てで)一度見ているのだけど、
その時はあまり面白いとは思えなくて、「なんかテンポの悪い映画だな〜」って感じでした。
それが、つい先日もう一度見る機会があったので改めて見てみたんですが...

一度目に見た時よりも面白く感じたのですよ!
以前に感じた「テンポの悪さ」を不思議と感じませんでした。
ただ、ショーン演じるアレックがもう少し魅力的な悪役だと良かったのに、とは思うけど。
でも主役のボンドよりハンサムな敵役なんでOK!ってことにしておきましょう。

続きを読む
posted by こた at 13:24 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年04月26日

「 FLIGHTPLAN 」のトレイラー

ジョディ・フォスター主演、
ショーン・ビーンがパイロット役で出演の「FLIGHTPLAN」のトレイラーが公開になりました。

夏に公開予定の「アイランド」のトレイラーに比べると、
ショーンの出番はかなり多めでした( ̄ー ̄)

■トレイラーの視聴はコチラから
 (右側にある「FLIGHTPLAN」のバナーをクリック!)
 http://touchstone.movies.go.com/
posted by こた at 22:28 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年03月17日

『ナショナル・トレジャー』

ナショナル・トレジャー 特別版

監督:ジョン・タートルトーブ
出演:ニコラス・ケイジ、ジョン・ボイト、ショーン・ビーンハーヴェイ・カイテル
   ダイアン・クルーガー、ジャスティン・バーサ、クリストファー・プラマー

この作品は3月19日に公開になるけど、12日に先行ロードショーで観て参りました(*^^)v
主演のニコラスはともかく、
イアン・ハウ役のショーン・ビーンが観たかったからなんだけど。

詳しいストーリーについては、本公開がまだなので此処には書かないけど、本国のアメリカでは一部でかなり酷評されてたみたいだけど、私は面白かったです。
まぁ、どうせ酷評してたのは「映画評論家」の人達で、彼らは「ブラッカイマー作品」は好みじゃないだろうし。
とにかく、この作品から「何かを得る」って事はないだろうけど、娯楽作品にそこまで求める気もないので。

さてさて、イアン役のショーン、今作では最後まで生きておりました!かなりマヌケな結末になっちゃいましたが。
そう思ってみると、今回のイアン役に関しては、あまり魅力のある悪役ではなかったかも。
個人的には、『パトリオット・ゲーム』のショーン・ミラーや『ゴールデン・アイ』のアレックスみたいな、冷たい感じのする悪役の方がショーンには似合っている様な気がするのよ。
でも、まぁ、リッチな悪役もたまには良いのかもね。つか、ショーンが観られるなら『デビルマン』レベルでも我慢するかもしれないんで、あまりアテにならんか・・・

続きを読む
posted by こた at 00:48 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年02月19日

『チャタレイ夫人の恋人』

チャタレイ夫人の恋人 劇場公開版

監督:ケン・ラッセル
出演:ジョエリー・リチャードソン、ショーン・ビーン、ジェームズ・ウェルビー

 * ショーン・ビーン出演作につき、映画の内容はそっちのけの感想になっている恐れがあります( ̄ー ̄)

『ロード・オブ・ザ・リング』からショーン好きになった人の大半は、たぶん過去の出演作を必死に探して見ているんでしょうね。
かく言う私も、その中の一人であります。
しかし、レンタルで彼の作品を探してみても、置いてある作品の大半は”出番が少ない or ボコられるか殺される(もしくはその両方)”な物ばかりで、彼の作品でハッピー・エンドとなる作品があるって言うのは、まず想像もつきませんでした。

と言う訳で、この『チャタレイ夫人の恋人』もハッピー・エンドで終わるとは想像もなかったです。
「どうせ、チャタレイ夫人に捨てられるんでしょうよ・・」なんて思いながら見てたんだけど、完璧なまでにハッピー・エンドで終わる作品とは驚きでしたね〜。

この作品の彼は「わぁ、若いっ!」と言うのが第一印象で、『LOTR』のボロミアの様なガッチリ体型ではない、ちょっと細身のショーンもイイ!と思いつつ、おまけに、今までの作品では観たことのないショーンの姿ばかりを見てしまい、ほとんど悶絶寸前になりました。
特に、森の中を全裸で駆け回る姿と頭に花を載せてる彼の姿を見た時にゃ、失神するんじゃないかと思ってしまったくらいです。
いつのもの悪人顔はどこへやら、少年のようなショーン。あれを見て興奮しないショーン好きはまず居ないだろうと思ってしまうくらい、笑顔が良かったです。

こんな事ばかり言っていると、ショーンに興味のない人には”アホな奴”と思われてしまいそうですね(;x_x)
それにしても、ショーンは森番姿が本当によく似合っていて、またまた惚れ直しちゃいました♪

続きを読む
posted by こた at 23:04 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年02月04日

ショーン・ビーンの新作(2)

ショーン・ビーンの次回作は、
シャーリズ・セロンやシシー・スペイシクと共演の作品だそう。

早く日本でも観れるといいなるんるん
posted by こた at 15:51 | ⛄ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年01月25日

『トムとトーマス』

監督:エスメ・ラマーズ
出演:ショーン・ビーン、インデイ・バ、デレク・デ・リント、アーロン・ジョンソン

お互いの存在を知らないまま別々に育った双子の少年、トムとトーマス。そんな二人が偶然出会ったが、思わぬトラブルに巻き込まれて・・
結果を言ってしまうと、これ以上はないってくらいの「ハッピー・エンド」で終わる作品です。

私の場合、前半は「まぁまぁかな・・・」って感じで観ていたけど、話の中盤でトーマスが思わぬトラブルに巻き込まれる辺りから、結構ドキドキして見ていました。
「子供向けの映画」かと思いきや、「人身売買」に絡んだストーリー展開なので大人が観ても楽しめると思います。
トムとトーマスを一人二役で演じていたアーロン君も可愛かったし、トーマスの父親役のショーン・ビーンを初め大人の俳優さん達も良かったし。

ところで、この映画、一応はイギリス/オランダ合作ってことになってるみたいですが「イギリスでは未公開」だって話も聞いたけど・・
で、当然のごとく日本でも未公開。DVDの通販をやっている所でも「お取り寄せ商品」扱いばかりなので、マイナーな作品みたい・・トホホ。

続きを読む
posted by こた at 14:32 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2005年01月06日

ショーン・ビーンの新作(?)

3月公開の『ナショナル・トレジャー』でイアン・ハウ役を演ってるショーン・ビーン(以下、豆さん)。長めの綺麗な金髪+いつになく小奇麗、な姿が格好イイ!
でも、主役はあくまでもニコラス・ケイジなのよね(´・ω・`)ショボーン

さて、その豆さんですが、ジョディ・フォスター主演の『 FLIGHTPLAN 』に出るのはいいけど、パイロット役だってさ。『 LOTR 』の撮影中もヘリに乗るのがイヤで歩いて山を登ったちゅーのに、パイロット役とはね・・。豆さんじゃなかったら「アンタって人は!」と突っ込んであげたくなるとこだけど。
日本での公開予定はまだ分からないけれど、ジョディが主演してる映画なので絶対に公開されるはず。

インディーズ系のホラー作品『 The Dark 』にも主演してるらしいけど、日本でも公開されるんだろうか?まぁ、公開されたとしても、ミニ・シアターあたりで公開になるのかもね・・

最後になるけど、ユアン・マクレガーとスカーレット・ヨハンソン共演でマイケル・ベイ監督の『 The Island 』にも出演だそうだが、また悪役らしい・・です( ̄_ ̄ i)
posted by こた at 14:13 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

2004年12月21日

『パトリオット・ゲーム』

パトリオット・ゲーム アドバンスト・コレクターズ・エディション

監督:フィリップ・ノイス
出演:ハリソン・フォード、アン・アーチャー、ショーン・ビーン、パトリック・バージン
   サミュエル・L・ジャクソン

まず最初にお断りしておきます。この『パトリオット・ゲーム』を観たのは、ハリソン演じるジャック・ライアンに「復讐の炎を燃やすIRAのテロリスト役」をやっているショーン・ビーンが観たい一心でありました。だからストーリーに多少難があったとしても、ショーン・ビーンを観る事が出来ればいいのです、私の場合。

ただ、あまりダメダメな作品だと、例えショーンが出ていても二度と観ないかもしれないですね―あっ、でも『RONIN』は二回以上観ちゃったかも。ショーンのダメっぷりが痛々しい作品だった上に、ストーリーもイタかったのに・・・

さて、本題に戻るとします。私、映画のトム・クランシーの書いた原作は一度も読んだ事がないけれど、映画での「ジャック・ライアン」シリーズは割とよく見ています。
でも、この作品を観ていて疑問が一つ。それはショーン・ビーン(以下、豆さん)演じる冷酷なテロリストが、いくら実の弟を殺されたからと言っても、あそこまで「私怨」だけで行動するだろうか?と言う事。IRAに詳しい訳じゃないけれど、ちょっと疑問に思ったもので。

しかも、このショーン・ミラーというテロリストはパトリック・バージン演じる兄貴分も殺してしまったりと、あまりにも暴走しすぎ。
あれじゃ、「テロリスト」としては使い物にならんでしょうに。

続きを読む
posted by こた at 21:14 | ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | movie>ショーン・ビーン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。