2005年05月29日

『ゴールデンボーイ ― 恐怖の四季 春夏編 ―』

ゴールデンボーイ―恐怖の四季 春夏編

スティーブン・キング 著(翻訳:朝倉久志)

いつも映画の感想ばかり書いているので、たまには私の愛読書のことを書いてみようかと思ったけど、はてどの本の事を書けばいいのやら?と迷ってしまいました。

と言うのも、「一応どんなジャンルの本でも読みますわ〜!」と言いつつ、好きなジャンルとなると非常に偏っているもので・・・。
実際、自室の本棚をみてみると、物騒なタイトルの本ばかりなので、とてもじゃないが人様には見せられません Σ(´Д`lll)

そんな中で、
人気作家の本というと”スティーブン・キング”の作品しか見当たらないしたらーっ(汗)
なので、今日はキング作品の中から「ゴールデンボーイ」を選んでみました。

ところで、この「ゴールデンボーイ」ですが、原書ではキングの中編小説集「Different Seasons」という一冊の本にまとめられて出版されていたものを、
日本で翻訳・出版する際に「春夏編」と「秋冬編」の二冊に分けて出版されたうちの、「春夏編」になります。
収録作品は「刑務所のリタ・ヘイワース」と表題の「ゴールデンボーイ」の2作品。
どちらの作品も他のキング作品のご多分に漏れず、映画化されていますね。
「刑務所の〜」は『ショーシャンクの空に』、「ゴールデンボーイ」はそのまま『ゴールデンボーイ』の題名で映画化されているので、知っている人も多いんじゃないかな?

続きを読む
posted by こた at 15:56 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | book>スティーヴン・キング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。